ヱヴァンゲリヲン|THANATOS

 
先月の26日に発売された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』DVD
劇場公開当時は、いずれにしてもDVDが出たら家で ゆっくり まったり じっくり観ようと思っていたので観に行ってはいなかったので早々に購入^^
 
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』ではTV放映版を忠実に、尚且つクオリティーを上げて再現した作品だったけど、この『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』はTV放映版の「序」以降からは路が二つに別れ、以前とは違う路を作品にしていくと言うコンセプトで制作され、TV放映版の核な部分は残しながらも全く新しいストーリー展開が楽しめるし、キャラの特性も微妙に変えられていたりする。
この大宇宙には幾つものワールドがあり、異次元のキミは、違う人格や人生を送っているはず…と言う仮説は耳にする事があるように
特に綾波レイはクールで人間的な感情があまり見られないキャラだったのが、「破」ではかなり乙女っぽい女の子になっている@@
人の為にあたしが何かをしてあげられるだろうか?してあげたい、と言うようなとてもケナゲな綾波のキャラがとても新鮮、キャラの変わりようにガッカリするほどでもない微妙なさじ加減でこれまた良い^^b
 
そして、惣流・アスカ・ラングレーは式波・アスカ・ラングレーとなり登場し、以前のTV版ではほとんど無かったちょっとエッチ系お色気系のシーンがふんだんに登場する!
テスト用プラグスーツも大事な部分はシースルーだったりしちゃうわけで制作側もかなりお色気路線を意識している事が判る。
ちなみに、このテスト用プラグスーツを着たアスカが、とある事情で…この「破」内では見納めとなってしまうのがちょっち残念><;
 
 
で、碇シンジは。。と言うと、綾波同様 かなりキャラの特性に変化が見られ活発な部分も見せてくれたり男らしい激しい感情を爆発させるようなキャラとなっている。
 
新キャラの真希波・マリ・イラストリアスは…ん~~~イマイチ まだ判らんw
この「破」では特に重要な役所もなく次回作「Q」へ向けての顔見せ?って感じかなぁ…?
 
音楽的には、相変わらずテーマ曲が宇多田ヒカルの「Beautiful World」ってのは、ど~~でも良いんですが…って感じで全く興味なし^^;
ただ、TV放映版での深刻系の場面のBGMには、この俺のブログのタイトルにも使っている「THANATOS」の交響曲バージョンが使われるんだけど「破」の深刻系場面、それもかなりの重要で盛り上がりピーク場面でも「THANATOS」の交響曲バージョンが使われているという俺の好きなエヴァ独特のセンスがちょっと嬉しかったりする^^b
て事で 久々に動画の方は、この「THANATOS」の交響曲版をアップ♪
 

 
ちょっと面白い…と言うか突っ込みドコロはw
以前から「その時代背景にそのデザインや機器はありえないじゃん!」と言う部分に軽ぅ~~く補正や言い訳が成されているのが面白いw
例えば、シンジのカセットテープ式ウォーゥマンとかねwなぜカセットテープウォークマンなのかが言い訳されてたりするw
 
 

竹仲絵里|傘

 

 
今回ピックアップした曲、竹仲絵里の「傘」
実は俺のピックアップではなくて、俺の友達(女性)のピックアップ曲。

んむ…けっこう俺好みで良い曲だね。
ただ、詩やメッセージは200%女性目線だね。

強い風が吹けばポキっと心の折れそうな女の子でも、実は好きな人の支えになれるなら…とか、降り注ぐ冷たい雨や嵐からそっと、もしくはキュ!っと庇える傘になれたら…とか、そんな弱さと強さが矛盾して共存する切ない詩かなぁ…

そして、弱さや強さや切なさ寂しさ、そんな心の背景に結婚願望とその願望とは裏腹に流れる時の流れが詩われているかなぁ…

でも、俺は恋愛や家族愛などの局面での心の強さとかって男より女性の方があるんじゃ?と思う時もある。

誰か一人を守りたい…守るものが一人の立場とそうでない者、そこが難しいわけだな^^;

でも、もしその壁を乗り越えられた時 その後に家族ができれば

そんな女の子も守りたい人数が増えるわけさ。

だから、女性は子供を産むと強靱になる! w
 
 

バーテンダー|始まりのヒト|ナチュラルハイ

またまたアニメのエンディング曲

「バーテンダー」と言うアニメのエンディング
ナチュラルハイと言う女性デュオの「始まりのヒト」
 

 
このブログのイメージ自体、バーをイメージしているんだけど
もう一年以上…バーには行ってないなぁ
何年も ん~~5~6年ずっと通っていたバーも もう行く事もないし…
 
オリジナルPV

 
バー 好きだね。
でも俺が本当に好きになれるバーなんてなかなかないけどね…
まして今とかって ほとんど日本にいないしぃ
台湾はお酒を飲む事とお洒落な空間や会話とか…
そういうセンスはかなり低いし
せいぜい台北の中心の高級ホテルのバーくらいしかコマシな店は無いんじゃないかなぁ

そう言えば、このアニメの主人公のバーテンダーの台詞に
「お客様を裏切ってはいけない職業は2つ」
「それは 薬剤師とバーテンダー」と
つまり、そのお客様に対しての合わせ方を間違うと毒にも薬にもなる物を売っている職業だから…と
そうだなぁ…俺は何年も通って少しだけ心を開いていたバーってかバーテンダーに思いっきりガッカリさせられて果ては裏切られたなぁ・・なんて思った事あるもんなぁ…
そこからスパっとその店には行かなくなって
そして今は更に海外とかだからバーも今は縁遠い場所になっちゃったぜ…

ナチュラルハイ 大嶽 香子(おおたけ かおるこ)によるジャジーなピアノも良いぃ!
 

 
 

精霊の守り人|愛しい人へ|タイナカ サチ

俺のブログでは、ちょくちょくアニソンをピックアップする事があるけど
今俺が気に入って観ているのは「精霊の守り人」
とにかく絵が美しいアニメ。
ストーリーも興味引く展開だからこそ見入っているわけだけど
イマイチ時代背景が判り難かったりするかなぁ…

で、例によってもこの「精霊の守り人」のエンディング曲「愛しい人へ」
これがまた俺好みでかなり良い曲!
 

 
で、誰が歌ってるんだろ?と思い見ると
タイナカ サチ って人。
ん~~知らない… でも良い曲作るなぁ・・と思い
ちょっと調べてみてビックリ!

ぬぉ!なんと!可憐な美しいヒトなんでしょ!
本名も田井中彩智でアーティスト名はカタカナにしているようだね。
 

 
この「愛しい人へ」もオリコン初登場ん時は56位だったそうな!
ほぉ~~ へぇ~~~~~
こういう発見もあるからアニメは好きだったりする^^b

そう言えば…このアニメ「精霊の守り人」の主題歌は「L’Arc-en-Ciel」だったりするw
なんとも豪華な・・・
 
愛しい人へ|フルバージョン

 
 

虹のできる訳|井上陽水


 
虹を上から見た事はありますか…?
 
虹の輪をくぐり抜けた事はありますか…?
 
俺は 両方ともある。
 
で・・?何かいいことあった?
 
ん~~~・・・・べつにぃ…
 
 

睡蓮|賈鵬芳

弦楽器は比較的切ない音色を出す事に秀でていると思うけど「二胡」は更に切ない音色。
むせび泣くような歌声に聴こえる…かすれた音色はなんとも悲しげ…
 

c?!e?R
a?¢a??a??a?-a??a??e?? BLACK4ROSES. – a≫?a?Re?3a\?a??c?≫a??a??a?£a?¨e|?a??a??
 
意外でもないけれど、二胡奏者のアルバムはタワレコなどで探してもとても少ない。
 
タワレコで思い出したけど、俺が今居る台湾では台北のような大都市にさえタワレコクラスのショップは無い。
それどころか店内で目的のジャンルやカテゴリのCDを探そうにもとても大雑把で流行や最新CD以外は探す気にさえなれないほどお粗末…
ほんとにこの国は娯楽や趣味に対する精神の希薄な国だ…
郊外などへ行くと、ここに住む若い子達の感性はどこから育つんだろう?とさえ思ってしまう。
とは言え、A-meiなどのようにビッグアーティストが生まれる国だし…俺には理解ができない^^;